修理

修理。
もうきっと原型を留めていない(笑)
持ち込まれた時はすでにパーツになっていたので・・・・・
修理の醍醐味として
モトがどんなだかわからない人間が修理をしたとき、
願わずとも新しいものが出来上がることもあります。
修理させていただくたびに、
ひとつまたひとつ
その面白さに気づきます。