オニキスと琥珀のブレスレット

この前、すごく懐かしいことを思い出した。
まだ小学生位だった頃、
親が運転する車の後ろに、
知人の子供の男の子と乗っていた。
確か外食するのに向かっていたんだと思う。
落ち着きない男の子(ダイスケ)は
後部座席に後ろ向きに立ち、
いきなり笑い出した。

私も後ろを見ると、
後ろについてる大型トラックの運転席から、
見下ろすおじさん。
・・・・・今思えば、
多分今の私とあんまり変わらない年齢だったな(笑)
彼が、ダイスケをあやしてる。
面白くなって、私も一緒に後ろを向いて、
そのおじさんに釘付け(笑)
信号待ちの度、姿が見えなくなると、
黄色いヘルメットかぶって、
寄り目で現れたり、
なにやらしでかして笑わせてくれる。
ダイスケは大喜びで、キャッキャと声をあげる。
しばらくそのアイコンタクトは続いて、
ついにトラックとお別れのときがきた。
なんとなく、このままずっと後ろにいたらいいのにって、すごく淋しくなったのを覚えている。
それ以来、後ろに大きなトラックがつくと、
妙な期待をしてしまう私がいます(笑)
ところで、ダイスケはどこでなにをしているだろう。
私がこんな歳ということは、
彼もとっくに大人になっているだろうに、
私の中のダイスケはずっと3歳くらい。
写真は
オニキスと琥珀のブレスレット。