写真はオーダーのブレスリング。 ラピスとオーシャンジャスパー♪

写真はオーダーのブレスリング。
ラピスとオーシャンジャスパー♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆
私が今まで観た映画で
一番ティッシュペーパーを消費したのは
風と共に去りぬ
でした。
そして一番ホッとしたのは
ミスタービーン
(当時二本立ての一本目がエイリアン4だったから)
なんちゅう組み合わせだ。
泣いて笑って忙しかったのは
インサイドヘッド
邦画もアニメも侮れません。
ジブリは姉の影響を多大に受けて育ち、
ナウシカなど、
観るたびに泣いてしまいます…
つい最近
ひっさしぶりに
「シックスセンス」
観ちゃいました。
ネタバレする可能性もあるので
まだ、という方はどうぞ、
ここから先はご遠慮願います(笑)
ブルース・ウィリスの、若いこと!(笑)
ピカピカでした。
額じゃありません。
そして、あの、子役
ハーレイジョセフオスメント!
もう27歳になっちゃってるけど。
(AIにも出てましたね?
ジュード・ロウのロボットっぷりには
ビビりました。ほんとはロボットなんじゃないのか?
だってあの髪の生え際!!)
完璧に大俳優のブルース・ウィリスを、食ってました。
この映画、
ラストシーンで
奥さんの手から指輪が転がり落ちたところで
鳥はだものの事実がわかっちゃったわけです。
なんだよ!
ブルース・ウィリス、死んでたのかよ!!
なんとなく腑に落ちないシーンをほんの少しだけひっかけながら、
時おり出てくる幽霊の登場シーンに
ドキドキしつつ
ストーリーに飲み込まれていく
今まであんなにもギャフンと言わされた映画はありませんでした。
と、ここで話は戻って
衝撃的だったために
全て覚えてしまっているその
「シックスセンス」
また観たんですね。
結末が解っちゃってる映画はどんなもんか?
実はこれまた味わい深い。
冒頭でブルース・ウィリスは撃たれて死ぬ。
でも、そぅそぅ、
私すっかり自分の都合のいいように解釈して
(当然、監督の意のままに)
撃たれたけど、回復して、相変わらず仕事してると観てたわー(笑)
と、己の当時の感想も混じる。
ふと、気付いた
こうやって
過去に観た映画を観るように
自分の人生、
観たらどう?
いつも自分の見方は間違ってない
そう思うからこその言動とか
態度とか。
でも、実はブルース・ウィリス、死んでた。
私、生きてると思ってた。
ブルース・ウィリス、死んでたことが解ったとたん、
いろんなことが腑に落ちた。
私のしてきたこと、
過去だから、
今、
今の私が判断できる
前は腑に落ちなかったことも、
結果がでている今なら腑に落ちる。
自分の都合のいいように
いろんなことを歪曲していた部分があった
それを見つけた。
ネガティブになりそうなときは
無理具利にでも
プラス方向へ歪曲するのはいいことだと
勝手に思ってますが(笑)
同じ映画をですよ、
初めて観たときと
再び観たときとでは
観ている自分のポジションが違ってた。
二度目に観たときみたいに、
自分の人生を見ることができたら
きっともっとスムーズに
いくんでしょうねぇ(笑)
まさに第三者的目線で!
(他人事とはちがいますよ?)
なかなかそれが出来ないから、
修業なんですよねぇ(笑)
映画っておもしろいですね、
それではさいなら
さいなら、さいなら。