東京 Spring Gallery 2017.3.4-14

それはそれは大層昔、
私がまだ小学校低学年の頃。

近所(といっても2キロはあった。ぅん)の友達の所へ自転車で遊びに向かった私は

あと少しで目的地に着くという地点で
左カーブが急な道路の左側を走ってました。
そしたらカーブの向こうから黒い車が来て

真っ正面からドコンですよ。。

全身打撲、膝は擦りむいて手も擦りむいて、痛ったーと立ち上がると、助手席からオッサン降りてきて、
『危ないだろばかやろう!』
と怒鳴り付けました。。チーン

今なら黙ってませんけど、当時は若かったので、すみません、と返して、トボトボ家路に。
当然自転車はぐしゃぐしゃなので、その塊を引きずって、ついさっき颯爽と走って来た道を戻ったのでした。

家の敷地に入るなり、
家の工場できざみ仕事をしていたパパが(←大工です)

『どうしたんだおまえそれっっっ!!』

『車とぶつかった。』

『なにぃぃぃぃ!!!そんでむこうはなんだって!!』

『あぶないだろばかやろうっていっちゃった。』

『弱者保護なのになんてやろうだ!警察いくぞ!』

もうほんと全身痛いのに今度は車に乗せられて、近くの交番へ。

念のため現場検証もすると、忌々しいカーブへでむいて。

お巡りさんには相手の特徴など聴取されて、
わかることは習志野ナンバーのディアマンテ(黒)ということくらい。(昔から車が好きだったので、三菱ディアマンテも知ってました(笑))

お巡りさん
『まー、習志野ナンバーのディアマンテということだけですと、ちょっとむずかしいですねぇ。』

と言われて、私よりも腑に落ちないパパ。

その夜、家に帰ると
『お前、絵がうまいんだから、似顔絵描けるだろ、』

そう言われ、その辺にあったメモ用紙にさらさらっと。

それを見たパパは大笑い!

『いくらなんでもこんなの居ないだろ!!これじゃ落武者じゃないか!!!』

『だってほんとにそんなだったもん!』

それから3ヶ月。

いつでも主語がないうちのパパが
高笑いで家に入ってきました。

『ぉい!みつけた!見つけたぞ!いた!ほんとにいた!がははは!』

全員一致で

『なにが!?』

パパ
『あれだよ、落武者!!俺な、円が描いた似顔絵、軽トラに貼ってたんだよ、土場に行く途中に犬の散歩したじじいがいて、どっかで見たことあると思って後つけてったら、家に習志野ナンバーのディアマンテが停まってたんだよ!がははは!』

執念である。
あんなにバカにした似顔絵をまさか。軽トラに貼っていたなんて(笑)

そんなナンバーだからと警察は端から捜査もせずにたかをくくっていたらしい。
パパに怒鳴り込まれておずおずしていたらしい。

そして警察から先方の落武者へ電話が行き、

直後にうちに謝りに来ました。

当然パパにもでかく怒られた落武者。

後日落武者夫婦からもらったお金で、新しい自転車を買いに行ったのですが、
一番安いやつを選ばれてショック大の私。
そしてお釣りを持たされて姉と落武者の家に。(事故現場の目と鼻の先)

ありがとうございます、お釣りです。
そういって奥さんにお金を渡すと、しっかり受け取って仕舞う。(笑)

『本当に悪かったわね、私たちもびっくりしちゃって、でもまた遊びに来てちょうだいね!』

今思えば社交辞令というものだったんでしょうけども、行かないよねー・・・

ママは老夫婦二人で寂しかろうに、たまには遊びに行きな、と。

怪我も跡形もなく治って、全て丸く収まったわけですが、

私が描いたしょうもない似顔絵を
毎日見て犯人を探し当てた父。

もらったお金で一番安い自転車を買った母。

私はナイスな家庭に育ったものであります。

残念ながら落武者の似顔絵はもうないのですが。

私の中でのビッグな思い出につき、なぜとっておかなかったのか(そして本人の写真も)

それだけは悔やまれます。(笑)

東京 Spring Gallery 2017.3.4-14